TOEFLスピーキング対策に!FLASH英会話428

自宅で「本当の発音チェック」ができる教材、FLASH英会話428です。
これでネイティブのいる英会話学校に通わなくても自分で発音、イントネーション、アクセントのスキルアップができます。

英会話学校に通うだけで十分な量のスピーキングができますか?

iBT TOEFLテストのスピーキング対策として、英会話学校やTOEFL専門のコースでスピーキングスキルを磨いている方もいるかと思います。 最近は本当によい指導方法で着実に力をつけることのできる学校も多数あり、クオリティの高い指導を受け、スキルアップされている方も多いです。

でもここでよく考えてください。その学校で、今日あなたはどれだけの時間、英語を話したでしょうか?また、今月トータルでどれくらい話せたでしょうか? 週2回、1回2時間のレッスンでも、その中であなたが英語を話す時間は半分もないでしょう。英会話学校でスピーキングできる時間というのは、2時間にもなりません。 それだけの練習・指導だけで上達できるほど、スピーキングは甘くありません。


結局スピーキング練習は自宅でやるしかない

当たり前の話ですが、英会話学校に通っていても、スピーキングの練習はそれ以外に時間を作って自分でやるしかありません。 英会話学校では、あなたがもっとスキルアップするための指導はたくさんしてくれますが、それを学校以外の時間で実践しなければ意味がありません。 せっかくのすばらしい指導も無駄になってしまいます。

質のよい指導を受けた後、自分なりに一生懸命練習し、そして次回のレッスンに臨む。その際には、前回指摘された箇所はある程度改善され、 もう一歩踏み込んだワンランク高いレベルの指導を受け、徐々にステップアップしていく...。こんな姿が理想ではないでしょうか。


自宅練習の最大の難点は「発音」

これもまた当たり前ですが、自宅で練習する際には講師はそばにいません。英会話学校で指導されたことを思い出しながら、 指導された部分がよくなっているかどうか、スピーキング内容を自分でチェックしていかなければなりません。

スピーキングでは、「文の構成」「言葉の選び方」等、スキルアップのポイントがいくつかあります。「文の構成」「語彙」の問題等は、スピーキングの内容を録音する、 または後で書き出してみる等して、自分でチェックすることはそんなに難しくありません。講師に指導された内容に照らし合わせながら、 聞き返すまたは読み返すなどすれば、克服できたところ、そうでないところがわかると思います。

これらと違い、わかりにくいのが「発音」や「イントネーション」です。英会話学校ではそばに講師がいて、講師のスピーキングと比較すれば、どう違うのか簡単にわかりますが、 自宅だとそれができません。講師の発音そのものを思い出すのは至難なため、どれくらい違うのか、もしくはどれくらい講師の音に近づけたかがわかりません。


TOEFLで問われる「発音力」

iBT TOEFLのスピーキングでは、マイクに向かって話した内容を、後日採点されることになります。目の前で誰かが聞いてくれるわけではありません。 後日見ず知らずの人がいきなりあなたの話を聞くわけです。なので、まずは英語としてちゃんと聞き取れる音になっているかがとても重要になります。 いくら話の内容にセンスがあり、説得力があっても、発音やイントネーションが正しくなければ、まったく違った結果になりかねません。

Writingの採点で、一日に膨大な数の採点をこなす採点者が1つの答案に対してかける時間はたった数分。スピーキングでも同様のことが考えられます。 たった数分の採点でよいスコアをもらうためには、採点者が聞いてすぐにわかることが必須の条件です。


ネイティブもダメ出し? 「FLASH英会話428」の発音チェック力

講師がそばにいなくても、自宅で十分な量のスピーキング発音練習ができる、画期的なソフトウェアができました。それがFLASH英会話428です。

FLASH英会話428では、 IBM社が30年・35万人の米国人データを基に開発した世界最高峰の音声認識技術をもとにあなたの発音をチェックします。 米国式の発音に徹底しているため、イギリス・オーストラリア圏のネイティブでもRの音でNGになってしまうほどです。

使い方は簡単で、マイクに向かって英語を話すと、その内容が文字認識されて画面に表示されます。 もし正しく発音できていれば、正しい英文で「ピンポーン」という爽快な音が。間違っていれば、ダメ出しをくらってしまいます。 単にダメ出しではなく、どの単語の発音が間違っていたか、画面を見てわかる。英語学校の講師のように、オマケで「OK」とは言ってくれず、ある意味冷淡でシビア。 間違っている限り、OKは永遠に出してくれません。

シビアな練習を繰り返すことで、きっと発音への自信もつくはず。発音への自信がつけば、あとは文章の構成や語彙の選択などに集中でき、 TOEFL本番での取り組み方がずいぶん楽になるはずです。そして、スピーキング採点者にもキレイな発音でアピールでき、ハイスコアにもつながっていくでしょう。


>>FLASH英会話428を詳しく見てみる





ロンドン留学!ロンドン留学!!ロンドン留学!!!

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO