留学生必携ツール

フラットからの眺め
私の経験から、留学をより充実させるために持っててよかった、持っていけばよかったと思ったモノ達です。 他のサイトでもたくさん紹介されてますが、ここでは「これだけは!」というアイテム、とりわけ「勉強」にテーマを絞りました。

英語力や自分の専門分野の力をUPさせるためにゼッタイ必要な”勉強のための必須アイテム”だけです。 生活を便利にする他のアイテムは、コチラ等で検討してください。

現地に行ってから後悔しないよう、ちょっとだけでも見て参考にしてください。

必携ツール

宿題、レポートなど学校外での勉強時間に重宝。
家はもちろんく、カフェや図書館等でも自由に勉強できます。
現地でブログをつけておくと、一生の財産にもなるし。
テレビがなくてもDVD見れるってのもいいですよ。
留学にオススメのノートパソコンまとめました。
費用:10万〜20万円
私の場合、書籍の辞書も持っていきましたが、学校に持っていくことはおろか、開くことさえ一度もありませんでした。いつも持ち歩きたいから、なによりも軽さです。
専門用語も網羅した本格派等、いろんな電子辞書があります。
費用:1万〜5万円
これは持ってなくて失敗したと思いました。勉強に1人4役!!
  • ボイスレコーダ機能で授業を丸録音!
  • 通学途中にラジオで生の英語をリスニング!
  • リスニングCDをMP3に変換して気軽に携帯!
  • パソコンデータを自宅、学校へ持ち歩く!
特にボイレコなんか生の英語を何度も繰り返し聞くのに最高!!
だと、渡英してからとても後悔しました。
用途別にいろんなプレーヤー紹介します。
費用:1万〜3万円
英文法の参考書は留学先にもたくさん並んでいますが、
英語がわからないのに、英語で書かれた文法書を読む
のはナンセンスな話。やっぱり頼れるのは、日本語の本。
個人的には、薄手でポイントが一目でわかるものがオススメ。
持ち歩きが楽なのと、すぐに開けること。
海外で「欲しい」と思っても、日本の書籍は2〜3倍します。
どうせなら日本で買って持っていきたいですね。
費用:1000〜2000円
日本語の専門書
特に大学院留学にはゼッタイ必須。
英語の文献だけでは理解力はゼッタイに不足します。
相当な荷物ですが、留学を無駄にしないために頑張って
運びましょう。買い足す本があれば下のサイトへ。
費用: Up to you.

ロンドン留学伝トップ留学記(準備編)留学記(学校編)留学記(生活編)TOEFL対策留学Manual
当サイトについて(プロフィール)お問い合わせリンクブログ(今日出会えたEnglish)

Copyright (C) 2005 sincos0715.fc2web.com All rights reserved.

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO